キャラの外見は性格の現れ! キャラの個性の出し方

キャラクター創作において外見のデザインのやり方二通りではないかと思います。

1つはモチーフから作る方法。

2つは性格などの特徴から外見を作る方法。

       
     
    

しかし、モチーフがある場合と違い、特徴から外見を表現するのはなかなか難しいですよね。
     

今回は特徴からキャラクターデザインをする場合のポイントまとめていこうと思います。      
    
   

キャラデザイン作成その①:性格から細かい設定を作ってみる

       
    

キャラのデザインを決めるとき、モチーフがある場合はモチーフの意味やイメージから想像を膨らませて決めていくと思いますが、それが無い場合は性格から設定を細かく決めていくのがいいです。

例えば、わがままな性格だとしましょう。

わがままと聞くと子供っぽいとか家がお金持ちでよくわがままを聞いてもらえる環境だとか、色々思い付くと思います。

このように1つの、今回は性格という特徴から作りたいキャラのバックグラウンドが出来たのではないでしょうか?
     

性格以外にも軸にしたいものを木の幹だとして、少しずつ枝を伸ばすように考えていくと外見のイメージが固まってくると思います。
   
   

キャラデザイン作成その②:属性からキャラのバックグラウンドを固める

     
     

大体描きたい属性(例えばスポーツ系女子などの外見や特徴的なイメージ)が思い付いているものの、オリジナリティのあるデザインのアイデアが出てこない、またはありふれたものになってしまう場合はキャラのバックグラウンドを作ってみるのが効果的でしょう

     
     
    

バックグラウンドというのは、表面的には見えない設定のことです。

自分と仲のいい人でも、教えてもらわないと「実はアレルギー」「兄弟がいる」という話は最初の内には分からないと思います。

      
     
それがバックグラウンドです。

      
     

例えばお金持ちキャラだとしたら外見はどんなイメージになるでしょうか?

大体は、

・金髪

・巻き髪

・なんか高笑いしてる

こんな感じだと思います。

分かりやすく「この子は御嬢様キャラです」とアピールしたいならこれでいいと思います。
     
    
    

でも、これだとあまりにもありふれてはいないでしょうか?

そこでバックグラウンドを付け加えていきます。

同じお金持ちでも、性格だけでなく環境が違えば外見も中身も違うからです

今回はお嬢様キャラの設定の他に、優しい両親のところで育ったという設定にしてみたいと思います。
      

優しいの程度は普通の三人家族の家と同じ位で、褒めて伸ばす教育方針注意すべきところは注意する普通の家の子と同じように娘を育てている、という感じです。
       
    

その設定を元に描いてみたキャラがこちらです。
    
    

最初に出したお嬢様のイメージから大分変わりましたね。

このように同じお嬢様属性でも育った環境や性格でこんなにも変わるのです。

まとめ:同じような性格(属性)でも外見はこんなに変わる!

      
     

もし外見のデザインに困ったら、
     

性格などの特徴から想像を膨らませて作っていく

キャラのバックグラウンドを作ってみる

      
      

このやり方で大体は解決すると思います。
   
      

なんだかめんどくさい作業に感じるかもしれませんが、料理と同じでこの一手間で味のある深いキャラが出来上がります。      

キャラ創作の参考になれば嬉しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする