ワンパターンな構図に飽きたら読みたい基本構図まとめ

イラストや漫画を描く上で避けては通れない構図の問題…!

いつも同じような構図だから変えたいけど思い付かない…

という経験はありませんか?

構図の問題は、

・基本的な構図

・付けたい印象の構図はどれか

を学ぶことで解消できます。

今回は構図の種類とどんな印象を付けられるか、実際に使われやすい場面などを書いていきたいと思います。

構図の種類① 正面

構図の中でも使いやすくスタンダード。

ただ、あまり躍動感は出しにくく、慣れない場合は棒立ちになりやすいので注意が必要です。

迫力を出したいとき、キャラの表情をよく見せたいときにおすすめです

また、同じ正面でも上半身だけなのか全身を描くかで印象が大分変わります。

前者はあまり動いている感がありませんが顔がよく見えるので顔を見せたいときに。

後者は動きをつけやすいですが顔はあまり見せられないので服やポーズなどの全体をよく見せたいときに…など目的によって使い分けましょう

構図の種類② 斜め

正面より動きがある構図。

正面のときとは違い、不安定な構図の為動きが少ないイラストを見せたいときに使いましょう

動きの少ないことでスタイリッシュに見えます。

構図の種類③ あおり

下からから見上げるような構図です。

建物だったり、キャラクターなら飛んでいるような動きやこちらが見下ろされるようなポーズで使われることが多いです。

迫力を出したいときに使いましょう。

構図の種類④ 俯瞰(ふかん)

上から見下ろすような構図です。

建物や背景、キャラクターなら上を見ていたり、上目遣いをしているようなイラストによく使われることが多いです。

全体を見せたいとき、上半身を見せたいときに使うのがおすすめ。

構図の種類⑤ シンメトリー

シンプルかつまとまって見える構図。

2人描きたいときはこの構図を使うのもありですね。

仲の良さを表すのにも、対比にも使えるのでもし描きたいキャラがいるならおすすめです。

構図の種類⑥ 分割

複数のキャラを描きたいとき向けです。

まるまる1ページに並べたりなどするのも、チーム感がありつつキャラの比較にもなっていいですが、分割をすることで見やすく、またそれぞれのキャラの雰囲気をより伝えやすくなります。

構図の種類⑦ 同じ方向に

目線だけ、体ごとなど。

複数人いると別々のことをさせたくなりますが、あえて同じにすることで全体的にまとまるのです。

チームを組んでいるキャラなど、なんらかの繋がりがあるキャラ同士に使うとストーリー性がより出せるのでいいですね。

同じ動きの中でそれぞれの個性を入れるとおもしろくなりますね。

まとめ: 構図はストックがあるほど良い

すごいイラストを描きたい!

このキャラをもっと魅せたい!

そう思うと余計にどんな構図にしたらいいのか悩んでしまいますよね。

見る人の心を鷲掴みにする構図を考えるのは難しいことのようですが、基本さえつかめば難しくないのです。

私も構図はまだまだなところがあるので、勉強を続けていきたいと思います!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする