普通の手袋をスマホ対応に変える方法

どんどん秋も深まって寒くなってきましたね!すでに指先が冷たくなって手袋が恋しい季節になってきました。

私は冷え性なので家の中にいても手が氷のように冷たくなってしまうので寒さが応えます…(泣)

そのため今からの季節は、お出かけ時は手袋必須です!スマホ対応の手袋は100均などにも売っていますが、好みのデザインが無い場合も多いですよね。

調べてみると普通の手袋をスマホ対応に変えられる方法がありましたのでご紹介します。

普通の手袋をスマホ対応にする方法 

お気に入りの手袋をスマホ対応にする方法って意外とたくさんあるんですよ。

・専用リキッドを塗る

専用リキッド「Nanotips」という商品。これは手袋の指先に塗って乾かすだけで、スマホに反応する手袋になるという優れものです。しかも効果は一度塗ったら数ヶ月持つようです。

商品は3000円ぐらいでAmazonでも買えます。興味のある方はぜひ使ってみてください。

・導電糸を縫い付ける

導電糸という電気を通す糸があります。これをスマホの指先に縫い付けると、普通の手袋でもスマホが使えるようになります。導電糸もAmazonなどで数百円で買えますよ。

ちょっと縫い付けの手間はかかりますがコスパは良いですね(笑)

・スマホ用指サックを使う

普通の手袋の上にスマホ対応の指サックをはめて使うという方法もあります!

指サックで白やオレンジのイメージですが、スマホ用の指サックはカラフルでいろんな色があります。手汗対策で発売されているものみたいですが、手袋の上にはめて使っている人を見かけました(笑)

手袋の色に合わせて選べば目立ちにくいですし、なかなか良いなと思ったのでご紹介します!

・手袋にスマホ対策用シールを貼る

手袋に貼り付けるためのスマホに反応するシールも販売されてます。これは皮手袋などに使いやすそうです。

皮手袋って値段も高いですし、今あるものをそのまま使えるなら嬉しいですよね。バイクに乗る人とか、通勤や通学で皮手袋を使っている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ              

普通の手袋をスマホ対応の手袋にする方法をまとめると以下の通りです。

・専用リキッドを塗る・導電糸を縫い付ける

・スマホ用指サックを使う

・手袋にスマホ対策用シールを貼る

今や生活に必須のスマホですから、今後も便利な商品とか画期的なアイデアが出てくる可能性もありますね!

お気に入りの手袋を使い続けたい時は、コスパと手間を考えていろんな対策で寒い季節を乗り越えましょう!

おすすめ記事

風邪対策などでマスクをする機会って多いですよね。女の子はメイク面倒な時などもマスクは大活躍します! 目だけしっかり可愛くメイク...
寒くなって空気が乾燥すると起こりやすい静電気…。 急にバチっとくるので驚いてしまいますし、何よりも指先が痛いのが憂鬱ですよね(...
スマホゲームってジャンルにもよりますが、大抵ガシャがありますよね。このガシャって激レアや大当たりが出る確率は極めて低いです…。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする