スマホのお手入れをする時の注意点

スマホって毎日使うものなので結構汚れてしまいますよね。綺麗に見えても、素手で触ることが多いのでいろんな菌とか手垢などがついていることも多いと思います。

そのため私は最近、外出先から帰ったら必ずスマホのお手入れをしてからテーブルの上に置くようにしています。

お手入れ方法を調べていて、ぜひ皆さんにも知ってもらいたい情報があったのでご紹介します!

スマホのお手入れ方法の注意点   

お手入れをするはずがスマホを壊してしまった…(泣)などと最悪な事態にならないように、ぜひチェックしてみてくださいね。

①除菌スプレーなどは直接吹き付けない

除菌したいなと思った時は、シュシュっと吹き付けるタイプのスプレーを使うことも多いですよね。

すごく便利な除菌スプレーですが、イヤホンジャックや充電時の端子などの開口部には絶対に入らないように注意が必要です!スマホは精密機器なので水滴にすごく弱いです!

②ウェットシートなどを使う時は液を絞ってから使う

同じ理由で、ウェットシートなどを使う時も水滴に注意です!

ウェットシートは商品によっては、手でギュッと絞ると水分がポタポタ落ちてくるほど潤っているものがあります(笑)

この場合はそのまま使うと危険なので、軽く液を切ってから使った方が安心ですね。

③使い古しのタオルなどは使用NG

スマホを拭く時は、つい家にあるタオルなどを使ってしまうことがありますが、液晶画面を傷つけないためにも使い古しのタオルはやめたほうがいいですね。うっすらと細かい傷がついてしまう事も多いです。

私は以前使っていたスマホを実際にタオルで拭いて、画面が傷だらけになってしまいました…(泣)

④スマホカバーの素材によってお手入れ方法を変える

スマホにはお気に入りのカバーを付けている人も多いと思います。

このカバーの素材によっては、除菌スプレーなどは使えない場合があります。皮製品のカバーなどは水気はNGですね!

この場合はカバーを外してスマホ本体を綺麗にして、カバーは素材によってお手入れ方法を変える必要があります。革製のカバーなら専用クリームを使うのもおすすめです!

まとめ             

スマホのお手入れで注意すべき点は、水滴と液晶画面の保護についてですね。

・消毒スプレーを直接吹き付けない

・ウェットシートなどを使う時は絞ってから使う

・使い古しのタオルは使わない

・スマホカバーの素材によってお手入れ方法を変える

大切なスマホをお手入れする時は、間違ったやり方をしないように十分注意しましょう(笑)

おすすめ記事

寒くなって空気が乾燥すると起こりやすい静電気…。 急にバチっとくるので驚いてしまいますし、何よりも指先が痛いのが憂鬱ですよね(...
風邪対策などでマスクをする機会って多いですよね。女の子はメイク面倒な時などもマスクは大活躍します! 目だけしっかり可愛くメイク...
最近は災害なども多くて保存食や非常持ち出し袋を準備している人も多いと思います。 我が家でも少しずついろんば備蓄を進めているので...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする